両隣が建物で挟まれた環境のため、家族が一番長く過ごすリビングを二階に配し、片流れの屋根の形状を活かした大きな面積の吹き抜けから最大限の光を取入れ、より広がりを感じる空間を考えました。
 LDKと個室の導線を回廊にすることで、風が抜け、家族がより自由に歩き廻れる間取りにし、10.5帖の個室は、将来家族の成長に合わせて2部屋に変更できる可変性も考えた間取りとなっています。
 また、機能性に関しては、ウレタンフォーム吹付断熱を採用し、機密性と断熱効果の高い空間を実現しています。