SS邸 設計・監理・施工:TAGKEN(株式会社田口建設)
  敷地面積:110㎡
  延床面積:141㎡
  構造:木造在来軸組工法 地上3階建
  設計期間:2015.2~2015.8
  施工期間:2015.9~2016.2
  竣工写真:TAGKEN
 

構造設計:羽田野構造設計室

   

新築でありながら古い雑居ビルの様な建物をお施主様は希望されていました。3F建てですが2F迄のボリュームを1つの塊の様な存在感を持たせ、風合いのあるヴィンテージレンガを1Fの耐力壁に張り込みました。1Fは土間とご主人のワークスペースとして、前面をガラス張りとしました。居室の天井高を抑えたり、軒を大きく取る事で開放的では有るが落ち着いたスペースとしています。

2FのLDKは建ぺい率一杯迄ボリュームを広げ、家具の模様替えを楽しめる様に広々とした空間を実現しています。随所に質感の強い輸入タイルを使用し、素材を引き立てるため他は出来るだけシンプルに設計させて頂きました。使い込む程風合いが増す質感溢れる住宅です。

 

WORKS TOP