TK邸 設計・監理・施工:TAGKEN(株式会社田口建設)
  敷地面積:102㎡
  延床面積:109㎡
  構造:木造在来軸組工法(メタルフィット) 地上2階建
  竣工日:20013.11
  竣工写真:TAGKEN

 カメラに携わるお仕事のご主人と、素材や意匠にも大変拘りのある奥様と、意気投合して生まれた個性的な住宅です。
 現在、土地の南側が大きな駐車場と言う環境であり、採光にも恵まれているが、将来的に住宅が建つ可能性が懸念されるため、光を取り込む手法に工夫が必要でした。
 建物の間取りの構成は、京都の長屋をモチーフにしています。
 京都の長屋は、長い土間や廊下に居室空間が付随している。この住宅では、30坪と言う限られた土地に、渦巻き状に長屋空間を立ち上げた様な構成にしています。建物の中央は、大きな吹き抜け空間を有し、光井戸として1FのLDKに上部から光を落とし込むみます。丁度カメラの内部の様な造りになっています。
 長屋の様に玄関を入ると土間が広がり、ゲスト用と家族が利用する入り口が分かれています。家族の入り口は直接キッチンと繋がり、家事の利便性を高めた動線計画としました。

 
 
WORKS TOP