海外からの荷物~トライアンフ・バイクハウスZERO完了検査

レポート 2021.07.27

本日は2月より着工した、さいたま市バイクハウスゼロ埼大前店の工事の検査機関による完了検査です。
毎度この検査は緊張します。。。結果は、前面道路からのスーロープの勾配の図面反映や、流しの位置の変更など軽微な変更の図面提出で合格を頂くことが出来ました。
この建物は、延べ床面積が1000㎡を越えバリアフリー法というものに掛かってきます。車椅子利用者が店内を利用するための安全配慮した設計が求められるのです。
お施主様からすれば、バイクを乗る方に車椅子の方はおられないので、なぜ?という当然の質問もいただきましたが、建築基準法はそこまで細かく物品販売店の用途を分けて考えておらず。お施主様にはご理解いただき、法に沿った仕様で進めさせていただきました。この部分での検査でも合格をいただきました。

 

検査の最中に海外からの輸送便で厳重に箱詰めされた荷物が現場に到着。

英国のバイクメーカーのトライアンフの什器のようです。中身を空けてみると。。。
トライアンフのバイクの専用工具の飾り棚でした!一般の方が購入できるものではありませんが、トライアンフマニアならほしい方もいられるのではないでしょうか?
本物の工具が飾られると一層かっこよくなるのでしょう!

無事完了検査も終わり、この後引き渡しに向け、社内検査や、置き家具の搬入など1週間で仕上げていきます!