マテリアル ライブラリー

コラム 2021.10.25

TAGKENでは、図面や3Dのイメージだけではなく、本物のサンプルをテーブルに並べて色味や質感をコーディネートさせていただいています。
国内外のすべての建材を限られたスペースにストックしておくことは難しく、私たちの目で厳選した材料を取り出しやすい位置に並べた棚(マテリアルライブラリー)を制作しました。
棚はスチールの黒皮のままの武骨な感じですが、重量のあるサンプルも無理なく収納可能です。

プレゼン用に制作したお盆(写真の黒いトレイ)の中に、物件ごとに採用する素材を詰め込んでいき、色合いや質感を確認していきます。
トレイの表面はメラミン材ですが、内側には車の内装やジュエリーケースの内張りに使用する人工スエード(エクセーヌ)を張り込んでいます。
このトレイはスチール棚の最上段にぴったり収まるサイズで製作しています。
石材やタイルなどの硬質なマテリアルも、摩擦抵抗によりしっかり固定されて、箱の中身がガチャガチャにならずに黒の背景が素材や色味を引き立ててくれます。
今後のプレゼンテーションの素材確認の際に登場しますのでお楽しみに!

早速先週末、新都心M邸マンションリノベの打ち合わせで使用して、素材のコーディネートを楽しんでいただきました!