SACPA

東京都練馬区

H-015-K

袋路状道路の終端に面した賃貸併用住宅の計画。
 
南北に細長い形状で、高度斜線制限が厳しい敷地状況。そこで2m幅員のアプローチ導線を引き込み、そこからの法的採光や建築可能な最大ボリュームの検討をおこないました。賃貸住戸には土間空間を設け、住まい手が自由に使える遊びの空間を設けています。
 
3階にあるオーナー住居には大きなバルコニーを設けリビングへ案定した日照を与え、アウトドアリビングとしても利用できる気持ちの良い空間となるよう計画しています。

建物用途 長屋
敷地面積 109㎡
延床面積 153㎡
構造 木造3階建て
竣工 2017年1月
設計・監理・施工 TAGKEN
構造設計 株式会社ビーキューブ
竣工写真 TAGKEN